門司レトロ街から見る夕陽

まだ新型コロナがそんなに猛威を振るっていなかった時の話題である。

いつも素通りしながらも気になっていた門司レトロ街に行った。

近場で一泊旅行という条件にも合っている。

宿泊ホテルは選択の余地が無く、プレミアホテル門司港。

部屋は海峡側とレトロ街側があり、夕陽がきれいに見える海峡側の部屋に泊まった。

ホテルの部屋からじっくり夕陽を見る機会はありそうで余りない。

空は青く雲はほとんどないので、夕陽がよく見えるだろう。

日没時間を調べ、部屋の窓の側で待機する。

陽が落ち始める。

門司レトロ街001.jpg

遠くの山に陽がかかって来た。

門司レトロ街002.jpg

遂に落ちてしまった。

門司レトロ街004.jpg

実は、以前、めかりPAから夕陽を眺め、とてもきれいだった記憶がある。

その時はゆっくり見る時間がなかったので、是非ともゆっくり見たいと思っていた。

その思いが叶ったのである。

ところで話変わるが、門司レトロ街はとても魅力的な場所である。

エリアは狭いが、独特の街並みで、日頃とは変わった雰囲気が楽しめる。

妻とゆっくり散策を楽しむ。

歩行者専用の跳ね橋である「ブルーウィングもじ」がちょうど上がっていた。

門司レトロ街005.jpg

背後には関門橋。

恋人たちの架け橋として人気なようで、下りて来た橋を最初に渡ると幸せになれると聞いた。

そのことを皆よく知っているのだろう。

橋が下りる前から、人の列が出来ていた。

私達は、十分過ぎるくらい幸せなので、もっと幸せな人が増えるよう、見ているだけで十分である。

この落ち着きのあるレトロ街の風景、どこかに感じが似ていると妻と話す。

門司レトロ街006.jpg

そうだ。

ボストンのビーコンストリートの風景に似ている。

門司レトロ街007.jpg

あの時は、楽しかったと、いつの間にかボストンの話題で盛り上がったり、とりとめの無い話をしながら、歩くのも実に楽しい。

こうして書いていると、随分年寄りっぽくなったなと思わず苦笑する。


広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ふぃーゆパパ

    >こうして書いていると、随分年寄りっぽくなったなと思わず苦笑する。
    門司の話だからといってそうモジモジしないで下さい
    ^^;
    2021年07月28日 17:37
  • Gentle Grandpa

    ふぃーゆパパさん

    コメントありがとうございます。


    >門司の話だからといってそうモジモジしないで下さい
    >^^;

    相変わらず冴えていらっしゃいますね。
    ブログ記事を書かれているふぃーゆパパさんと、どちらが本物のパパさんですか笑
    2021年07月29日 09:22
  • mine

    上質なエッセイを読んでいるようです。
    素敵な紀行文ですね☺︎
    2021年07月29日 14:17
  • Gentle Grandpa

    mineさん

    コメントありがとうございます。

    >上質なエッセイを読んでいるようです。
    >素敵な紀行文ですね☺︎

    つたない文章なのにお褒め頂くと赤面の至りです。
    門司レトロ街があんなに素敵な場所だとは思いませんでした。
    もし、まだ行かれていなかったら、一度訪れてみて下さい。
    食事も美味しい店がたくさんあるようです。
    2021年07月29日 18:51